様々な由来成分が存在するプラセンタ
肝機能

様々な由来成分が存在するプラセンタ

「プラセンタ」という成分はすでにご存知でしょうか。
美容にアンテナを立てている女性なら、一度はこの成分を雑誌やテレビなどで耳にするでしょう。
胎盤に秘められた神秘のパワーは、女性にも大きなパワーをもたらします。
ではこの胎盤は、一体どの動物から摂られているのでしょうか。

実は哺乳類にも多種多様いるように、プラセンタに使用されている胎盤も多種多様です。
例えば、更年期障害の改善のために医療用として使用されているものがあります。
それはなんと、ヒト由来のものです。
感染症の有無などを厳密にテストされた胎盤が利用されています。
これはあくまでも医療用ですので、ヒト由来の物は市販では見かけることはありません。

現在手に入りやすいもので、高品質と好評なのは馬プラセンタです。
お産の回数も少なく、胎盤の成分の濃度も高いと好評です。
そのため美容製品として加工されているウマ由来の物は、その他の製品より若干高めです。
比較的安価で手に入るのはブタのプラセンタです。

ウマよりも家畜として育てやすく、お産回数もウマより多いのです。
そのため胎盤を入手しやすいとされています。
しかしその分、ウマよりも品質が見劣りする部分もあるため、安価になっています。
また、ヒツジなども流行しています。