植物性?海洋性?プラセンタの種類
肝機能

植物性?海洋性?プラセンタの種類

人気のある成分には、いろんな種類があります。
プラセンタにももちろん色んな種類が存在しており、使用の際には商品選びが大切です。
では早速プラセンタの種類についてご紹介しましょう。

まずプラセンタとはそもそも動物の胎盤を意味しています。
ヒトやウマなど、哺乳類の胎盤から有効成分を抽出しているのです。
美容に効果があるとされているもの、病院で肝機能障害の改善に利用されているものはこの動物由来のものです。
そして、もう1つ「植物性プラセンタ」と呼ばれるものがあります。

でも植物には胎盤はありません。
お産をするわけではないのに、どうしてプラセンタを呼ばれているのでしょうか。
それは、植物には胎座があるためです。
この部分は植物の発芽する部分を守っている部分で、子宮に近いイメージだからです。
安心の植物性ですので、ナチュラル志向の人に注目を集めています。

しかし、この植物性のものは動物性のプラセンタに含まれる成長因子は含まれません。
つまり、代謝の改善の能力や細胞の創生の能力はないのです。
同様に、魚の卵巣膜を使用したものを海洋性プラセンタと呼びます。
こちらにも成長因子はありませんので、注意しましょう。
確かな効果を得たい場合、動物性の製品を選択すべきです。