プラセンタの使い方は目的別に
肝機能

プラセンタの使い方は目的別に

プラセンタの製品には2つの種類があります。
それは、摂取タイプのものと塗るタイプのものです。
どちらのほうが、効果が高いのでしょうか。
もちろんどちらも原料は同じですから、効果は期待できます。

ただ、目的別に分けて使い分けるほうが良いでしょう。
摂取タイプの場合、体の中に直接働きかけることができます。
プラセンタの成長因子を体内にダイレクトに取り込めるのは摂取タイプの特権です。
成長因子で細胞の活性化が図れるので、代謝が落ちている人にもプラセンタはおすすめです。

また、ダイエットに励んでいる人にも摂取タイプが向いています。
体内環境を整える作用があるので、全身ケアをしたい人はサプリ等を選びましょう。
では、もう1つの塗るタイプは何に向いているのでしょうか。
塗るタイプはやはりスキンケアに向いています。
肌に塗り直接浸透することで、肌に潤いを与えることが出来るのです。

また、コラーゲンの生成を刺激することができます。
赤ちゃんのような肌を手に入れたいと考えている方は塗るタイプを選びましょう。
このように目的に合わせて使い分けることで、効果が得られやすくなります。
しかし、継続して使用しないと実感には至りません。
なかなか効果がないと、すぐにあきらめずに根気が必要です。
市販のタイプだと主にこの2種類とドリンクタイプなどだけですが、医療現場ではプラセンタ注射という注射タイプが主に使われています。